事故後の交渉に備えよう!弁護士費用特約のススメ

自動車保険の加入は、ドライバーとして必須の行為です。強制加入の自賠責保険を当てにして任意保険への加入をおろそかにしてはいけません。自賠責保険は必要最小限の補償しか受けられませんから、もし人身事故などを起こしてしまったらあっという間に上限額を超えた支払いをしなくてはならなくなってしまいます。

自動車事故がきっかけで人生を破滅させないためにも、必ず任意保険に加入してください。

任意保険に加入する時に重要なのが特約です。特約とは、基本プランではカバーされない範囲に対して保証を付けてもらうためのサービスで、オプションとして様々な種類のものが用意されています。自動車保険を自分のカーライフに最適化したものにするためには、どの特約を選択するかが重要になります。

様々な特約の中でもぜひつけておきたいのが、「弁護士費用特約」です。これは事故の示談交渉や法務処理を弁護士に依頼した時の費用を補償してくれる特約です。上限金額は300万円程度に設定されているので、弁護士費用はすべてこの特約でまかなうことができるでしょう。

保険会社は法律上、相手との示談交渉はできませんから、もし弁護士を雇わなければ自分で交渉するしか方法がありません。しかし、交通事故の処理は素人には荷が重く、事故のゴタゴタの中で相手との交渉までしなければいけないというのは、肉体的にも精神的にも負担が大きくなってしまいます。より有利な条件で解決するためにも弁護士の協力が不可欠ですから、費用の心配の無いように弁護士費用特約を付けておけば安心です。自動車保険 一番お得なほけ/こむ

おまとめローンと債務整理

おまとめローンを債務整理と比較しているところもありますが、この両者ではそのメリット、デメリットは根本的に異なってきます。

債務整理にも様々な種類がありますが、おまとめローンと比較するならば、比較的デメリットが少ない任意整理になるでしょう。任意整理は金利を再計算して払い過ぎた分を元本に充当し、残りを新たに計算した金利で返済していくものです。過程で金利分の減額や放棄を貸し手に求める場合もあります。

デメリットは少ないと言っても債務整理の一種なので、これをすると必ず信用情報に債務整理の記録が残ります。向こう5年間はキャッシングやローンが利用できなくなりますので、借金の減額方法としてはメリットが大きいぶんデメリットも大きいのです。

この点、おまとめローンにこれといったデメリットはありません。おまとめローンを利用するのは通常のキャッシングサービスを利用するのと同じであり、信用に触れる行為では無いからです。ほぼデメリットがないので、借り入れの整理をするなら、やはり優先すべきはおまとめローンということになるでしょう。

ただ、両者に共通している部分もあり、どちらにも重要なのは早い段階で決断すべきということです。おまとめローンにしても任意整理にしても、借金が大きくなりすぎると行うことができなくなるので、早めの決断をしましょう。

 

おまとめローンにおすすめのキャッシング

おまとめローンは、キャッシング会社によって既に用意されているおまとめローン用のものを利用するパターンと、条件に当てはまるフリーキャッシングで借り入れるという二つの方法があります。おまとめローン用として明確になっていないものでも、それとして使用することは可能なので、名前に縛られず広い選択肢の中から選んでいくようにしたいです。

おまとめローンとして使用するキャッシングの条件は、限度額が大きいことと金利が低いこと、それから総量規制対象外であることがあげられます。この三つの条件を満たして入れば、どの会社のものを利用するのでも構いません。

ただ銀行系のキャッシングの方が、おまとめローンとしてより適していることは確かでしょう。総量規制に縛られず、キャッシングとしての信頼感もあり、利用する上でも不便がありません。唯一問題となるのは審査が厳しいところと結果が出るまで少々時間がかかるところですが、銀行キャッシングにはそのデメリットを甘んじて受けてでも有り余るメリットがあります。

またおまとめローンとして使用するということをあらかじめ告げておけば、審査にも受かりやすくなるでしょう。よく吟味した上で選択し、より快適なローンの返済を目指してみましょう。